2013/02/26

CentOS 6.3でrbenv環境(ruby-build)のアップデートとRuby 2.0.0-p0インストール

はじめに

2013/02/24 Ruby 2.0.0p-0がリリースされたとのことで、rbenv管理でインストールしてみました。

rbenvとruby-buildは、以前こちらの内容の通りにGithubから取得してインストールしていましたが、そのままではRuby 2.0.0-p0が含まれておらず、インストール出来ません。ruby-buildを最新にアップデートし、インストールを実施する必要があります。

以下にruby-buildのアップデートとRuby 2.0.0-p0のインストールの手順をまとめましたので記載致します。

インストール環境

インストール環境は以下です。

プラットフォーム さくらのVPS(1G SSDモデル)
OS CentOS 6.3 x86_64 (64bit)
rbenvインストール先 /usr/local/src
ruby-buildインストール先 /usr/local/src/rbenv/share/ruby-build

事前準備

Ruby 2.0.0-p0のインストールに当たってopenss-develパッケージが必要です。 openss-develパッケージがない場合はあらかじめインストールしておきます。

# yum install openssl-devel

rbenv環境の最新化

ruby-buildのアップデート

公式手順通りにアップデートします。

rootにスイッチします。

$ su -
パスワード:

ruby-build取得先ディレクトリへ移動します。

# cd /usr/local/src/rbenv/plugins/ruby-build

git pullして最新のソースを取得します。

# git pull origin master
remote: Counting objects: 245, done.
remote: Compressing objects: 100% (89/89), done.
remote: Total 217 (delta 139), reused 184 (delta 110)
Receiving objects: 100% (217/217), 24.65 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (139/139), completed with 14 local objects.
From git://github.com/sstephenson/ruby-build
 * branch            master     -> FETCH_HEAD
Updating a6395eb..97fc5c5
Fast-forward
 CHANGELOG.md                    |   16 ++++++
 README.md                       |   17 +------
 bin/rbenv-install               |   15 +++++-
 bin/ruby-build                  |  105 ++++++++++++++++++++++++++++++++++-----
 share/ruby-build/1.9.3-p385     |    2 +
 share/ruby-build/1.9.3-p392     |    2 +
 share/ruby-build/2.0.0-dev      |    3 +-
 share/ruby-build/2.0.0-p0       |    2 +
 share/ruby-build/2.0.0-preview1 |    3 +-
 share/ruby-build/2.0.0-preview2 |    3 +-
 share/ruby-build/2.0.0-rc1      |    3 +-
 share/ruby-build/2.0.0-rc2      |    2 +
 share/ruby-build/jruby-1.7.3    |    1 +
 share/ruby-build/rbx-2.0.0-dev  |    1 +
 14 files changed, 142 insertions(+), 33 deletions(-)
 create mode 100644 share/ruby-build/1.9.3-p385
 create mode 100644 share/ruby-build/1.9.3-p392
 create mode 100644 share/ruby-build/2.0.0-p0
 create mode 100644 share/ruby-build/2.0.0-rc2
 create mode 100644 share/ruby-build/jruby-1.7.3

インストールスクリプトを実行します。

# ./install.sh
Installed ruby-build at /usr/local/src/rbenv

以上で、ruby-buildのアップデートは完了です。

インストール可能なRubyの一覧を見ると、Ruby 2.0.0-p0があることがわかります。

# rbenv install -l
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
  1.8.7-p352
  1.8.7-p357
  1.8.7-p358
  1.8.7-p370
  1.8.7-p371
  1.9.1-p378
  1.9.2-p180
  1.9.2-p290
  1.9.2-p318
  1.9.2-p320
  1.9.3-dev
  1.9.3-p0
  1.9.3-p125
  1.9.3-p194
  1.9.3-p286
  1.9.3-p327
  1.9.3-p362
  1.9.3-p374
  1.9.3-p385
  1.9.3-p392
  1.9.3-preview1
  1.9.3-rc1
  2.0.0-dev
  2.0.0-p0
  2.0.0-preview1
  2.0.0-preview2
  2.0.0-rc1
  2.0.0-rc2
  jruby-1.5.6
  jruby-1.6.3
  jruby-1.6.4
  jruby-1.6.5
  jruby-1.6.5.1
  jruby-1.6.6
  jruby-1.6.7
  jruby-1.6.7.2
  jruby-1.6.8
  jruby-1.7.0
  jruby-1.7.0-preview1
  jruby-1.7.0-preview2
  jruby-1.7.0-rc1
  jruby-1.7.0-rc2
  jruby-1.7.1
  jruby-1.7.2
  jruby-1.7.3
  maglev-1.0.0
  maglev-1.1.0-dev
  rbx-1.2.4
  rbx-2.0.0-dev
  rbx-2.0.0-rc1
  ree-1.8.6-2009.06
  ree-1.8.7-2009.09
  ree-1.8.7-2009.10
  ree-1.8.7-2010.01
  ree-1.8.7-2010.02
  ree-1.8.7-2011.03
  ree-1.8.7-2011.12
  ree-1.8.7-2012.01
  ree-1.8.7-2012.02

Ruby 2.0.0-p0のインストールと設定

Ruby 2.0.0-p0のインストール

Ruby 2.0.0-p0のインストールを行います。

# rbenv install 2.0.0-p0
Downloading ruby-2.0.0-p0.tar.gz...
-> http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p0.tar.gz
Installing ruby-2.0.0-p0...
Installed ruby-2.0.0-p0 to /usr/local/src/rbenv/versions/2.0.0-p0

インストールされたRubyのバージョン一覧と現在設定されているRubyのバージョンを確認してみます。
(現在設定されているRubyのバージョンには"*"が付与されます。)

# rbenv versions
* 1.9.3-p374 (set by /usr/local/src/rbenv/version)
  2.0.0-p0
利用するRubyを2.0.0-p0へ切り替え

システム全体で使用するRubyのバージョンを変更します。

# rbenv global 2.0.0-p0

rbenv rehashを実行し、gemなどのツールの実行ファイルを作成します。

# rbenv rehash

再度、現在設定されているRubyのバージョンを確認してみます

# rbenv versions
  1.9.3-p374
* 2.0.0-p0 (set by /usr/local/src/rbenv/version)
# ruby -v
ruby 2.0.0p0 (2013-02-24 revision 39474) [x86_64-linux]

以上でrbenv管理でのRuby 2.0.0-p0がインストールできました。

おわりに

以下を見るとRuby 2.0.0で多くの新機能や改善がなされたようですが、ものすごいボリュームに加えてまだまだRuby初心者なので全く読み切れてません。

0 Comments:

コメントを投稿