2014/10/13

Linuxで文字化けしたり記号で始まるファイルやディレクトリをシェルから削除する

はじめに

Linux系のOSで誤って~-?などのような記号で始まるファイルが出来てしまった場合に、bash等のシェルから削除する方法を調べてみました。

削除方法

inodeの番号を利用した削除方法

やり方としては、削除対象ファイルのinode番号を調べ、そのファイルをfindコマンドでinode番号(ファイルの作成日時、パーミッション、サイズ等々のメタ情報の管理番号)で抽出してxargs、またはexecに渡してrmで削除するというものになります。
ここでは、以下の~というファイルを削除します。

% ls | head
~
Applications
Desktop
Documents
Downloads
Dropbox
Fiddler2
Library
Movies
Music

lsコマンドの-iオプションでファイルのinode番号を表示できます。

       -i, --inode
              各ファイルの i ノード番号を表示する
(man ls参照)

これで文字化けしたファイルのinode番号を調べます。左の数値がinode番号になります。

% ls -i | head
31290093 ~
30980372 Applications
  379474 Desktop
  379270 Documents
  379367 Downloads
  390474 Dropbox
11789816 Fiddler2
  379464 Library
  379514 Movies
  379516 Music

findコマンドの-inumオプションとinode番号を指定することで該当ファイルを抽出できます。

% find . -inum 31290093
./~

inode番号で抽出する対象に間違いがないことが確認できたらxargs rmの引数に渡して削除を実行します。

% find . -inum 32735580 | xargs rm
その他ある特定の文字で始まるファイルの削除方法
-で始まるファイルの削除方法

-で始まるファイルはrm--オプションを付与して、その後に-で始まるファイルを指定することで削除できます。

NOTE
     The rm command uses getopt(3) to parse its arguments, which allows it to accept the `--' option which will cause it to stop processing flag options at that point.
     This will allow the removal of file names that begin with a dash (`-').  For example:
           rm -- -filename
     The same behavior can be obtained by using an absolute or relative path reference.  For example:
           rm /home/user/-filename
           rm ./-filename
(man rm参照)

以下の-で始まるファイルを削除します。

% ls | head
-
Applications
Desktop
Documents
Downloads
Dropbox
Fiddler2
Library
Movies
Music

マニュアル通りrmコマンドの--の後に-で始まるファイルを削除します。

% rm -rf -- -

おわりに

以上、単なるメモでした。コマンドオプションの使いかたをもっときちんと覚えるだけでやれること増えるなーと思いました。

参考

0 Comments:

コメントを投稿